全国150の会場から
日時を選んで受験できます

資格制度クイック解説受験のすすめ

塾生・業種別メリット

銀行貸付担当者

賃貸物件の新築には、担保能力があるため、無制限に融資すると、賃貸住宅オーナーが経営に失敗することがあります。 銀行の貸付担当者が、貸家経営アドバイザーの資格を修得すれば、その土地の立地条件に適応する土地活用を見極め、危険な投資には融資を止め、賃貸住宅オーナーを失敗から救うことができます。

賃貸住宅オーナー

貸家経営アドバイザーの資格を取得すると、賃貸住宅市場の現状が分かり、賃貸経営に活かすことができます。賃貸物件を守り、不適切な投資を防ぐことができます。

宅地建物取引士

貸家経営診断士の資格を取得し、住宅市場の動向を修得すれば、確信に満ちたアドバイスができるようになります。資格取得は、最新かつ的確な提案のバックボーンとなり、入魂の塾生になります。 その上で、賃貸住宅オーナーの繁栄をサポートしてください。

税理士・公認会計士・中小企業診断士・FPなど

賃貸住宅オーナーに対する「財産管理」業務が、これから注目のマーケットです。 そのためには、住宅市場の動向を知り、適格なアドバイスが欠かせません。 住宅市場の動向を把握するためには、貸家経営診断士の資格取得が最短コースです。

各種資格者

本業の資格だけでは収益の獲得が難しくなっています。業務の多角化を図るため、賃貸住宅オーナーに対する「財産管理」業務を加えてください。