ただの資格で終わらない
ビジネスパスです

KS貸家経営診断士とは

貸家経営診断士(以下「KS」と略称します)の仕事は、全く新しいジャンルの仕事ですから、KSの皆様が、これから作り上げていくものです。社会的に権威のある資格に育てて下さい。
KSは、貸家経営アドバイザー(以下KAと略称します)の上級資格と位置付けていますから、KSはKAの業務が受託できます。KAの仕事はKAの所をご覧下さい。ここではKSの業務だけを取り上げています。
ここにまとめたものは、創設者としての考えですから、参考にして下さい。

KSの業務

「財産管理」業務

次の「財産管理」に関する業務を総合的に行います。
ご希望があれば、相続税額を試算し、相続対策を提案します。

個人B/S診断

この業務は、個人が所有しておられる財産を「たな卸し」して個人の貸借対照表(バランスシート・B/S)を作成することです。

財産組み換え指導

財産の構成割合を検討し、必要であれば「財産の組み換え」を提案します。
財産は家族全員が幸せになるために所有するものですから、これからの時代は、社会の構造的変化に合わせ、動態的に「組み換え」が必要なのです。

不動産所得コントロール

所得税は家族に所得を分散すれば、毎年、大幅に節税することができます。所得の分散は、賃貸不動産の名義を変更すれば可能なのです。
「不動産所得のコントロール」についての提案業務を受託します。

貸家新築企画

KSは、土地オーナーが実際に「戸建貸家」を新築する場合に、土地オーナーから報酬を得て「戸建貸家新築企画」を受託し、次の4項目を行います。

土地の選択・診断

土地オーナーが所有する物件の中から、戸建貸家の建築用地として適する土地を選択するお手伝いをします。
単純に空地であれば選択するのではなく、将来の相続や節税対策を考慮した上で選択をします。当然、空き家や老朽化したアパートを解体して活用することもあります。
土地の選択が決まりましたら、その土地の診断を行います。道路付けや方位など土地の特性を検討し、さらに周辺の環境・施設をくまなく点検します。
そして、その土地の立地条件に適合する借家人を絞り込んでいきます。この作業は市場細分化戦略で最も重要なポイントです。

戸建貸家のデザイン

借家人が決まりましたら、絞り込まれた借家人にマッチする戸建貸家をデザインします。テキストでは「店舗付貸家」「高級貸家」「子育て貸家」「シルバー貸家」の例を掲載していますが、その土地と、借家人にマッチする戸建貸家をデザインします。

経営計画の策定

戸建貸家の大まかなデザインが決まりましたら、建築費やエクステリアの積算をし、建築費の総額を計算します。そして、家賃の予定を計算します。
投資額のチェックは、家賃の年間収入金額×10=建築費総額として行って下さい。これは投資収益率を10%としたときの計算です。
ここからがKSの腕の見せ所です。10倍のバランスが崩れているのは、年間家賃収入が少ないか、建築費総額が多いかのいずれかですから、予算の組み直しをしてみます。年間家賃収入は周囲とのバランスがあり、上げるには限界があります。となると、建築費総額が低くできるかが勝負所です。
建築費総額が少なくできなければ、潔くこの計画は中止します。無理に実行すれば、経営に失敗します。

建築指導

経営計画が土地オーナーから承認されたら、いよいよ「貸家建築設計」に入ります。KSと建築士事務所は業務提携をして、KSの経営計画が実現するべく、予算管理を含めて建築指導を行います。

受験をおすすめしたい方

貸家経営アドバイザー

KAは「賃貸経営診断」「リフォレント企画」が主流になります。戸建貸家の新築に積極的に関わりたい場合には、上級のKSの資格の取得をおすすめします。
KSの受験資格は一定の資格者に限定していますが、KAの資格者は受験できます。自分の能力アップのために、是非チャレンジして下さい。

税理士・公認会計士・中小企業診断士・FP

個人のB/S診断・不動産所得コントロール・経営計画の立案に関しましては、税務知識と計数管理が必要となりますから、数字が読める資格者に受験をおすすめします。